WUT

STINE GOYA

デンマーク人デザイナーのSTINE GOYAは、名門セントラル・セント・マーチンズのファッションデザイン科を卒業し、2006年に自分の名前を冠したレーベルを立ち上げました。 コペンハーゲンとパリファッションウィークにてデビューコレクションを発表。 GOYAにとって、コペンハーゲンは永遠に楽しいインスピレーションの源であり、コレクションごとに色とプリントの豊かな探求を行い、国内外の舞台で独自の地位を築くことに成功しました。 "私たちは、私たちの服を着る個人に力を与えたいと思っています。私たちのデザイン理念は、強くて情熱的なアイデアを中心にしており、色とプリントの力を信じています。時代を超越した、着回しのきくユニークなデザインを通じて、お客様が自分の本当の姿を表現する機会を提供したいと考えています。" - Stine Goya -