WUT

BERNHARD WILLHELM

Bernhard Willhelm ( ベルンハルト・ウィルヘルム ) はベルギーのアントワープ王立芸術アカデミーを卒業したベルギー第二世代を代表するデザイナー。ヴィヴィアン・ウエストウッド、アレキサンダー・マックイーン、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクの下で経験を積んだ後、1999年にパリでファースト・ウィメンズ・コレクションを発表。メンズラインがスタートしたのは2003年。デザイナーのマインドの中で生まれる物語からコレクションが産まれている。宇宙的な解釈の中で、最新ファッションの世界と日常の感覚を結合させ、無邪気な遊び心を表現しているが、その殆どは矛盾していて非常にユニークな視点からデザインされている。